Avenue A/Razorfish、日本市場に進出 - 電通子会社デジタルパレットと資本・業務提携


電通子会社がインタラクティブ広告会社のAvenue A/Razorfishと資本・業務提携。


2007年01月18日 13:14 | サーチニュース 07H1 | TrackBack (0) | 執筆:

インタラクティブ広告代理店の米Avenue A/Razorfish(アベニューA レイザーフィッシュ)と電通の子会社・株式会社デジタルパレットが資本・業務提携を発表した。2007年2月1日に社名を「株式会社 電通アベニューAレイザーフィッシュ」に変更する。

Avenue A/Razorfishは米aQuantive Inc.傘下の企業。昨年から英国やドイツ、オーストラリアなど海外進出を積極的に進めていた。電通との資本・業務提携で速やかに日本市場での展開を図る。

Avenue A/Razorfish Adds Japanese Outpost [AdWeek]
http://www.adweek.com/aw/iq_interactive/article_display.jsp?vnu_content_id=1003532731










最新の検索エンジンニュース

新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
SEO 外部リンク診断・分析時に大切な2つの評価基準
ペンギンアップデート3.0は影響1%未満、完了まで数週間かかる見込み
「SEOとGoogle の展望とSEO担当者が理解すべき戦略 2015 セミナー」(11/27)
Google ペンギンアップデート3.0 傾向と対策
Google「パイレーツアップデート」実施、著作権侵害サイト対策を強化
アダルト専門検索のBoodiGo、著作権侵害対策でPorn Guardianと提携
【公式】 Google、ペンギンアップデート3.0実施を認める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。