Google、「グーグル爆弾」対策を実施 - 検索アルゴリズムを改良

米Google、故意に特定キーワードでランキングを押し上げる「グーグル爆弾」対策を実施。リンク構造の分析アルゴリズムを改良した。


公開日時:2007年01月26日 14:51

米Googleのウェブスパムチーム担当のMatt Cutts氏が2007年1月25日、故意に特定のキーワードでリンクを貼り付けることでランキングを押し上げる「Googlebombs(グーグル爆弾)」に対する措置を行ったことを明らかにした。

Googleのリンク分析アルゴリズムを改良することで、同手法が行われたときのランキングに対する影響を押さえ込んだという。現在、グーグル爆弾対象のキーワードで検索すると、それについて触れている記事や掲示板の書き込みなどが検索結果に表示される。

グーグル爆弾は、米国では「miserable failure(惨めな失敗)」検索時にブッシュ大統領の経歴ページを表示した事例が、日本では「胡散臭い」で検索時に亀井静香氏のWebサイトが表示されるように操作されていた事例がある。

またMatt氏は、グーグル爆弾への対応策としてなぜ個別に手動で問題のサイトのランキングを変更するといった方法をとらないのかという一般のユーザが抱えるであろう疑問に対しても答えている。Googleは方針として、検索結果がレリバンシー(関連性)の問題を抱えた時、自動的にその問題を解決するための方法を探るという。検索アルゴリズムは一度に大量の情報を処理できるし、また複数の言語に対しても有効に機能するケースは多々あるためだ。

cf.
「胡散臭い」検索で亀井静香、KIRIN 極生・生黒が :: SEM R

Yahoo!検索 、「胡散臭い」で亀井氏のウェブは消えましたが・・削除の判断基準はどこに? :: SEM R





記事カテゴリ:サーチニュース 07H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。