Googleアドワーズ広告、品質スコアのアルゴリズムを変更

Google、アドワーズ広告の品質スコアをアップデート。品質スコア欄を新設・表示する一方、スコア算出ロジックを変更して低品質の広告を検索結果から排除して高品質の広告が露出されやすくなることで、検索ユーザに対する全体の品質を向上させる。


公開日時:2007年02月15日 10:45

米Googleは2007年2月14日、アドワーズ広告の品質スコアに関する変更点について公式ブログ「Inside AdWords」にて明らかにした。

変更は2点、「品質スコアの表示」と「品質スコア決定のアルゴリズムの変更」が行われる。

1点目はブラックボックス化されていた品質スコアを表示する欄を設ける。オプションとして品質スコア欄が新設され、最小クリック単価を表示する。最小クリック単価が低いほど品質スコアは高いことを示す。新設した理由についてGoogle広告品質担当シニアビジネスプロダクトマネジャーのNick Fox氏は透明性を高め、品質スコアをわかりやすくなるほか、品質スコアの公開によって広告主が自身の広告の最適化への取組みの助けになると説明している。

2点目について、最小クリック単価を決定するための品質スコアの算出アルゴリズムに変更を加える。具体的には、設定されたキーワードについてGoogleがデータを持たない場合、十分なデータが集まり適切に品質スコアを算出可能になるまで最小クリック単価は低く設定されるという。また、広告品質を推定するためのアルゴリズムを変更することでより適切なクリック単価の設定が可能になり、また品質の低い広告に対してクリック単価を高めて(排除する)ことが可能になるという。

アルゴリズムの変更によって最小クリック単価が上昇するキーワードは増える一方、逆にクリック単価が下がるキーワードも多いはずだという。今回の変更に対処するために広告主は品質スコア欄を参照することを薦めている。


Quality Score updates
http://adwords.blogspot.com/2007/02/quality-score-updates.html

Google Plans AdWords Algorithm Change; Expects Complaints [Marketing Pilgrim]
http://www.marketingpilgrim.com/2007/02/google-plans-adwords-algorithm-change-expects-complaints.html





記事カテゴリ:サーチニュース 07H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。