国立情報学研究所、Google Scholarから学術論文300万件を検索可能に

国立情報学研究所(NII)、大学などに提供してきた学術論文300 万件のデータを Google から利用できるようにした。次世代学術コンテンツ基盤の整備の一環として新たに Google からもアクセスできるようにすることで、主要学術論文の国際的情報発信力の強化を図る。


公開日時:2007年04月10日 01:31

国立情報学研究(NII)は2007年4月9日、大学などに提供してきた学術論文300万件のデータをGoogleから検索できるようにしたと発表した。

NIIは国内主要学術論文約300万件の論文データをCiNiiに格納してきた。これをGoogleのクロール対象とすることで、Googleウェブ検索のほか、学術論文専門検索エンジン「Google Scholar」からも検索できるようになった。NIIでは学術論文へのインターネット上の「入り口」が飛躍的に拡大し、研究者だけでなく、誰もが、ビジネス、教育、その他の日常生活のさまざまな場面で、手軽に学術論文を利用することが可能になると説明している。

Google ScholarはGoogleの学術論文検索用検索エンジンで、分野や発行元を問わず学術出版社や専門学会、プレプリント管理機関、大学、その他学術団体の学術専門誌、論文、書籍、要約、記事を検索できる。それぞれの記事の全文、著者、記事が掲載された出版物、他の学術資料に引用された回数が考慮され、最も関連性の高い情報がページの上部に表示される。

Google Scholar(日本語版)
http://scholar.google.com/intl/ja/

Google Scholarについて
http://scholar.google.com/intl/ja/scholar/about.html





記事カテゴリ:サーチニュース 07H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。