アイレップ、「オーバーチュア新スポンサードサーチファーストレビュー」を公開

アイレップがオーバーチュア・新スポンサードサーチ(コードネームPanama)のファーストレビューを発表。運用管理、UI、APIの3視点から5段階評価。


公開日時:2007年07月19日 12:59

株式会社アイレップは2007年7月17日、オーバーチュア株式会社の新広告システムの充実度を評価した「オーバーチュア新スポンサードサーチファーストレビュー」を発表した。

オーバーチュアが今年4月より検索連動型広告のシステムを刷新した新スポンサードサーチの提供を開始したが、その広告主への影響について運用管理や印二ーフェース、APIの3つの視点から5段階評価を行った。この評価は7月12日の品質インデックスによる掲載順位決定方式導入前を対象としている。

まず第1に運用管理の充実度については3ポイント。広告主視点での管理運用において、過去のDirect Traffic Center(DTC)よりも高度化したサービスが提供されているものの、Googleアドワーズ広告の管理運用と比較すると広告主にとって恩恵があるかはまだ未知数という。2点目のユーザーインターフェースについては4ポイントで、大規模な広告出稿企業が、大量キーワード出稿や、高額な予算投下を行っても運用管理し易いように、さまざまな新しいユーザインターフェイスが用意されているという評価。最後のAPIについては3ポイントとしており、ライブラリ不足を指摘している。

オーバーチュア新スポンサードサーチファーストレビュー
http://www.alphaseo.jp/seo-report/070717_153128.html





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。