カカクコム、ショッピングモール横断検索エンジンに自然言語処理技術を応用した属性抽出エンジンを搭載

カカクコムが商品の属性情報を抽出するエンジンをショッピングモール横断検索エンジン「ショッピングサーチ」に搭載。


公開日時:2007年07月24日 18:52

株式会社カカクコムは2007年7月23日、複数のショッピングモールの商品を横断検索できる「ショッピングサーチ」に自然言語処理技術を応用した属性抽出エンジンを実装したと発表した。

属性抽出エンジンは筑波大学の大学発ベンチャー企業である有限会社 GSSM筑波との技術提携で開発した。自然言語解析技術を用いて、商品説明文章などから、サイズ、重さ、色、素材などの属性情報を自動抽出することができる。属性抽出エンジンを利用することで商材ごとの属性情報を的確に抽出できるようになり、サイトや店舗、ジャンルごとに異なる様々な表記方法や属性群の違いにも柔軟に対応できるようになるという。具体的には、商品を探す時にサイズや重さ、色を検索項目として使用できるようになる。

まず家具やインテリア商材約90万件を検索対象とすることから開始し、今後は、家具以外にも例えば、サプリメントを効能から探せるような検索項目や、化粧品を配合成分から探す検索項目など、従来無かったような新たな検索軸を、商材に合わせて提供していく予定。

#
AOLのPinpoint Shopping search http://www.pinpointshopping.com/aol/pinpoint みたいなことが可能になるってことかな





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。