偽PageRankを売りつける業者に注意

偽装したPageRankを持つドメインを高値で売りつける詐欺行為がeBayで発生。ドメイン購入前に注意。


公開日時:2007年08月07日 18:44

米WebmasterWorldのフォーラムに偽PageRankがついたドメイン販売者に注意するよう警告するコメントが投稿されている。

この業者はオークションサイトeBayにてPageRank7と200のバックリンクを持ったドメインを販売。通常のドメインであれば数千~数万円単位で取引されるが、PageRankが高いことからSEO的価値が生まれ、より高い値段で売り飛ばしている。しかし販売されたドメインのPageRankは偽装されているため、購入数ヵ月後にはゼロに戻ってしまうわけだ。

この手口は次の通り。業者は本当に「PageRankとバックリンクを持つドメイン(ドメインP)」を持っているが、301リダイレクトで販売したいドメインに転送する(ドメインX)。リダイレクトすることでドメインPのPageRankとバックリンクがドメインXに移されるため、この時点でドメインXは見かけ上、PageRankとバックリンクを持つ。

しかし売却後にPからXへの転送を解除してしまうため、次回の更新のタイミングでゼロに戻ってしまう。業者はこの作業を繰り返すことで、次々とドメインを高値で売却していくことができるというわけだ。

Beware This Pagerank/Domain Auction Scam [WebmasterWorld]
http://www.webmasterworld.com/google/3413551.htm

#
これは購入対象となるドメインを文字列として検索して調査すれば回避可能。国内でも「PageRank 7のサイトからリンクがもらえます!」といって実際はそのPageRankが偽装されてる、なんてのを時々見かけます。





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。