検索したきっかけ、トップは「雑誌」 - 米BIGresearch調査

検索するきっかけ、トップ3は雑誌、記事、テレビ。


公開日時:2007年08月09日 13:03

米調査会社BIGresearchは2007年8月2日、消費者とメディアに関するSimultaneous Media Surveyの調査結果を発表した。

オンライン検索のきっかけになったメディアの1位は「雑誌」で51.6%。以下、2位「記事を読んで」(47.7%)、3位「テレビ放送」(44.2%)、4位「新聞」(41.3%)、5位「ケーブルテレビ」(35.6%)、6位「人に聞いて」(35.3%)、7位「クーポン」(33.8%)、8位「メール広告」(30.3%)、9位「ダイレクトメール」(29.3%)、10位「ラジオ」(28.2%)。

購入時に影響したメディアは1位「クチコミ」(45.1%)、2位「製品の記事を読む」(37.8%)、3位「雑誌」(29.0%)。

BIGresearch CEO のGary Drenik氏は、広告主にとって重要なことは消費者のメディア接触実績に基づいて新旧メディアをうまく組み合わせていくことだと指摘。例えばマーケッターの多くはインターネット検索の価値を認めているが、同時にどのメディアがターゲットとする消費者の検索を誘発するかを理解することも重要だ。

BIGresearch Releases 10th Simultaneous Media Survey: Multitasking Continues, New Media Increasing in Purchase Influence and Video Game Usage Grows Fastest in all Day-Parts
http://www.bigresearch.com/news/big080207.htm





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。