「テレビや口コミがきっかけで検索したユーザが7割」 - 米iProspect & JupiterResearch調査

ジュピターリサーチとiProspect、オフラインチャネルがオンライン検索行動に与える影響についての調査を実施。検索利用頻度が多いユーザーほどオフラインのメディア接触が検索行動に影響を与えることが明らかに。


公開日時:2007年08月21日 14:24

米調査会社JupiterResearchとSEM事業を展開するiProspectは2007年8月20日、オフラインチャネルがオンライン検索行動に与える影響に関する調査レポートを発表した。

オフラインでのメディア接触がオンライン検索行動に影響を与えている,iProspect、ジュピターリサーチ

調査は2007年6月に実施。過去6ヶ月の間に検索を促したきっかけとなったオフラインチャネルについて質問したところ、テレビ広告とクチコミがそれぞれ37%、36%と3分の1以上を占めた。以下、新聞や雑誌(30%)、リアル店舗(20%)、ラジオ広告(17%)、企業名が入ったトラックや車(7%)、タクシーや電車(3%)となっている。全体の67%が何らかのオフラインチャネルによって検索を促されており、オフラインチャネルがオンラインの検索行動に影響を与えている結果がはっきりと表れてた。

日常の検索利用頻度別に見ると、テレビCMをきっかけに検索したユーザーで、毎日検索エンジンを利用している人は44%に対してそうでない人は28%、同じくクチコミをきっかけに検索したユーザーで、毎日検索をしている人は41%に対してそうでない人は30%と、普段の検索利用頻度が多いユーザーほどオフラインチャネルにより検索が誘発されることが多い結果となった。

オフラインメディアをきっかけに検索をした後に、実際に商品やサービスの購入に至ったかどうかについても質問。全体の33%はオフラインメディアをきっかけに検索をして企業のサイトを訪問した後、購入をしていた。メディア別では雑誌または新聞をきっかけに検索した後に購入したと回答したユーザーは30%、クチコミも30%だった。

39%のユーザーはオフラインメディアで検索を誘発された後に商品購入をしている

cf.
検索したきっかけ、トップは「雑誌」 - 米BIGresearch調査 :: SEM R





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。