Google、ガイドライン違反警告メールの送信を再開

グーグル、電子メールによるサイト運営者へのペナルティ警告メール送信再開。


公開日時:2007年08月30日 13:28

米Googleは2007年8月30日、ウェブマスターガイドラインに違反したサイト運営者に対するメールによる警告メッセージの送付を再開することを明らかにした。

Googleは2005年後半より、ガイドライン違反のサイト運営者に対してメールで警告メッセージを送付することを開始した。例えば、隠しテキストや隠しリンクを使って不正にランキングを操作しているウェブマスターに対して、一定期間内にその行為をやめないとGoogleインデックスから削除する旨を知らせていた。

しかし、ドイツを中心に偽の警告メッセージの送信者が現れたことからGoogleはメールでの警告をやめて、かわりにウェブマスターコンソール(サイトマップの管理画面)上でのメッセージ送信に切り替えた。ウェブマスターコンソールはウェブマスターの認証を受けているため安全であるものの、これを利用していないウェブマスターには知らせることができないという欠点もある。

そこで結局、Googleはメールによる警告メッセージ送付を再開した。なお、Googleはこの警告メッセージには添付ファイルはつけないとしており、ウイルス感染をねらった悪意ある偽の送信者に注意するよう呼びかけている。

Update on penalty notifications [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2007/08/update-on-penalty-notifications.html

cf.
米KinderStart、検索結果から外されたとGoogleを提訴 :: SEM R





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。