gooラボ、「5W1H検索」を公開 - 検索結果を5W1Hで表示

goo、ユーザが入力した検索キーワードに対して、5W1H(いつ・どこで・誰が・何・なぜ・どのように)の観点に分けて検索結果をそれぞれ表示する「5W1H検索」公開


公開日時:2007年09月12日 16:09

NTTレゾナント株式会社は2007年9月12日、実験サイト「gooラボ」において検索キーワードに対して、5W1H(いつ・どこで・誰が・何・なぜ・どのように)の観点に分けて検索結果をそれぞれ表示する「5W1H検索」を公開した。

5W1H検索は検索ボックスにキーワードを入力するだけで、When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何)、Why(なぜ)、How(どのように)の5W1Hの観点ごとに検索結果を表示する。一般のWeb検索では、ユーザが入力したキーワードが含まれるウェブサイトを検索結果として表示するが、「5W1H検索」では、5W1Hの観点から検索した情報を提供する。また、5W1Hに分けられたボタンをクリックするだけで各検索結果が得られるインターフェイスにより、インターネットや検索サービスに不慣れな人でも直感的に利用できるという。

例えば「旅行」と入力してWhatをクリックすると旅行サイトを表示し、whoをクリックすると一緒に旅行したい有名人、元旅行代理店出身者が書くブログを表示する。whenであれば宇宙旅行の片道時間、ツアー旅行の期間など、whereなら旅行ガイド、観光協会、など、whyなら社員旅行を断る理由、旅行の口コミサイトが人気な理由、など、howなら旅行の手順、2100円で海外旅行する方法を表示する。

goo 5W1H検索
http://labs.goo.ne.jp/UI/5w1h/


#
what はともかく、それ以外はそれぞれ何の情報が取得できるか想像しにくいので(例えば 旅行 - when →ツアー旅行の期間ってどういう意味?)、かえってわかりにくいんじゃないかと思うんですけど。





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。