グーグル、アルゴリズムの変更を実施 - 単キーワードの検索結果に影響

Googleが検索アルゴリズムを刷新。クエリの解析方法を改善した模様。単キーワードでのランキングに変動あり。一方で中国語サイトのスパムも出現。


公開日時:2007年09月22日 13:56

米Googleは検索アルゴリズムのアップデートを実施した。米WebmasterWorldのSeptember 2007 Google SERP Changes - part 2などによると、主に単キーワード検索時の検索結果(SERP)に影響がある模様だ。

GoogleのMatt Cutts氏は今回のSERP変動について、「単一クエリの変更はすでに行われており、2~3日のうちに全データセンターで反映される模様だ」と9月18日にコメントしている。

Hey Barry, these are two unrelated things, but the right teams are aware of both of them and have changes pending. The change for one-word queries is already live at some places and should be live at 100% of the datacenters in the next 2-3 days, for example. [Google, Matt Cutts, Weird Results At Google Being Reported]

なお、今回のアルゴリズム変更と同時に中国.cnのスパムサイトが多数出現しており、これをクリックするとウイルスに感染するという。この問題についてCutts氏は対応を行ったと回答している。

Google Ranking Algos -- Sudden Change? [Search Engine Watch Forum]
http://forums.searchenginewatch.com/showthread.php?t=19632

George, we don’t index iframes (I believe), but I don’t think we dislike them. On your second point, there’s at least one infrastructure change we wanted to make in order to handle these better. Infrastructure changes take more time than just killing specific spam sites. [Matt Cutts, Google]




記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、キーワード入力中に検索結果を表示する Google Instant 機能を廃止
Bing、ゲーム・オブ・スローンズの検索体験を高める新機能を追加
ヒュンダイ、Google Assistant と連携、リモートで自動車に音声指示が可能に
Google MFI、サイト単位で導入予定
Yahoo!カテゴリ、2018年3月末に終了 20年以上の歴史に幕
GoogleがEU競争法に違反、制裁金3,000億円支払い命じる 欧州委員会
グーグル、求人情報検索「Google for Jobs」を公開
EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か
Googleモバイルファーストインデックス、導入は早くても2018年以降
グーグル、検索結果の説明文に DMOZ 使用を中止すると発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。