データ収集サイトやMFAのランディングページ品質スコアは低く - グーグル、LPQに関する詳細FAQを公開

Googleがリンク先ページの品質評価 (LPQ)に関する詳細な情報を公開。品質スコアを下げる原因となるビジネスモデルについて解説。


公開日時:2007年09月25日 15:53

Googleがアドワーズ広告の品質スコアを構成する要素の1つ・リンク先ページの品質スコア(以下、LPQ)に関する詳細な説明ページを公開した。

Googleはアドワーズ広告の掲載順位や最小入札価格をキーワードと広告の関連性を測る品質スコア(Quality Score)に基づいて決定しており、広告のリンク先ページ(ランディングページ)はそれを左右する要素の1つ。今回、LPQを低くする原因となるビジネスモデルについて情報を公開した。

Googleによると、個人情報収集を主目的とした「データ収集サイト」、安い検索キーワード広告で集客して高い広告料収入が期待できる広告をクリックさせることのみを目的に作成されたサイト「アービトラージ サイト(MFA)」、サイト訪問時にソフトウェアを故意または未故意にインストールするサイト「不正なソフトウェアサイト」についてはペナルティが課せられ、LPQは低くなるという。これらのサイトについて苦情が寄せられた場合、広告掲載は中止される。

また、「広告を頻繁に表示したり、不正なソフトウェアをインストールしたりする電子書籍」「比較によるショッピング サイト」「旅行情報ポータル」などのサイトもLPQが低くなる可能性があるという。これらのサイトのアドワーズ広告を掲載する場合はLPQのガイドラインに準拠する必要がある。


リンク先ページの品質評価 (LPQ) [Google アドワーズ広告サポートページ]
http://adwords.google.com/support/bin/topic.py?topic=9356

リンク先ページの品質スコアが低いビジネス モデルにはどのようなものがありますか? [Google アドワーズ広告サポートページ]
http://adwords.google.com/support/bin/answer.py?answer=66238&topic=9356





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。