mediba、GPS活用したスポット誘導型広告を開始

medibaら3社、ユーザーを直接店舗に誘導する、スポット誘導型広告「ナビゲーションアド」開始。


公開日時:2007年10月10日 15:34

株式会社mediba、KDDI株式会社、株式会社ナビタイムジャパンの3社は2007年10月9日、GPSを活用したスポット誘導型広告「ナビゲーションアド」の販売を開始した。

「ナビゲーションアド」は、店舗など実際のスポット情報を掲載しそこまでのルートを情報料無料で案内するサービス。GPSを活用したスポット誘導型広告になる。「ナビゲーションアド」の特長は、通常のインターネット広告とは異なり、「企業のサイトに誘導する」のではなく「その場所に(直接)連れて行く」点。広告主は、直接情報を提供できる効果的なスポット(店舗など)誘導メディアとして利用することで、企業の販促活動の強化や認知度向上を図ることができる。

ナビゲーションアドは、「EZナビウォーク」「EZ助手席ナビ」「NAVITIME」で配信。





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。