[Web担当者Forum] キーワードの出現頻度は5%前後が良いと聞きますが、その真相は?

一般にキーワード出現頻度の根拠となるデータは分析方法が誤っているほか、IRの技術的観点からも出現頻度を調整することの無意味さは説明可能。キーワード密度や出現頻度にとらわれずに人に伝える文章を書くことが大事。


公開日時:2007年10月12日 19:28

キーワード出現頻度の最適値というのは存在しません。5%や7%、3%というのも定量的根拠がない数値です。さらにいえば、10年前の(現在と比較して)単純だったアルゴリズムを実装した検索エンジンへの最適化であれば出現頻度に気を配ることは相応の意味がありましたが、今日のように数百以上のアルゴリズムでランキングを算出する検索エンジンにおいて、キーワードの出現頻度を調整することのインパクトがほぼ皆無です。

続き:キーワードの出現頻度は5%前後が良いと聞きますが、その真相は? [Web担当者Forum]

#
トヨタのレクサスについて文章を作成しようと思えば、普通はレクサスという言葉が何回か出てくるはず。出てこないのであれば、その文章はそもそも「レクサス」のトピックではない。ということで、自分が語るテーマについて普通に文章を書けばいい。

[追記] 勘違いする人が出そうなので補足。私は密度を"わざわざ調整する"ことが無意味といっているだけです。キーワード密度を計算するツールを使って、数%単位でいちいちキーワードを追加・削除するといった作業が無意味といっているわけであり、ページ上にキーワードが存在しなくてもいいとは言っていません、念のため。





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。