Google、SERPにおけるサブドメインの表示ルールを変更

Googleが検索結果ページでの「1ドメインあたり2リンクまで」の表示ルールを変更した。検索クエリに適合しない場合は、ホストが異なっても1ドメインあたり2件目以上は表示されにくくなる。


公開日時:2007年12月17日 13:10

米Googleエンジニア・Matt Cutts氏は2007年12月10日、検索結果画面(SERP)におけるサブドメインの取り扱いに関する仕様の変更を明らかにした。これは、先日ラスベガスで開催されたPubConで発表されていた。

Googleは検索結果に表示するページは、1ドメインあたり最大2件としているが、ホスト名が異なる場合は同一ドメインでも2つ以上表示していた。例えば、Googleで「Yahoo!」や「IBM」と検索すると、yahoo.co.jp あるいは ibm.com ドメインでホスト名が異なる複数ページが検索結果に表示される。同ドメインあたりの表示件数を抑えることにより、ユーザに検索クエリに関連する複数の情報ソースを提示する(多様性)を確保していた。しかしMatt Cutts氏によると、一部のロングテールワード検索時に同ドメインから多数のリンクが表示されることに対する不満の声があったという。

そこでGoogleは、サブドメインが異なっても同一ドメインの場合は、2件目以上は表示されにくくなるようにアルゴリズムの変更を行った。この変更は数週間前に実施済みだという。

この影響は広い範囲に及ぶものではなく、また検索クエリに適合するものであればこれまで通り同一ドメインから複数のリンクを表示する。例えば前述した「ibm」や「yahoo」で検索した時には従来通りだ。

Subdomains and subdirectories [Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO]
http://www.mattcutts.com/blog/subdomains-and-subdirectories/





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。