"click here" の検索結果 - CNET Japan ブログアワード2007にて

"click here"と検索した時の検索結果について調査。


公開日時:2007年12月17日 18:07

先日、「CNET Japan ブログアワード 2007」に参加してきました。ニンテンドーDSが当たる「IT業界○×クイズ」がありまして、ちょっと気合いれてクイズに参加していたのですが「Googleで "click here"と検索した時の1位はQuick Timeである」という問題で間違えてしまいました。

「お前が間違えるなよ!」というツッコミを多数頂きましたが、いや全くその通りです…。Quick Timeと Adobeどちらかが1位なのはわかっていたんですが。

反省もかねて、調査をしてみました。

Google (JP)
1. http://www.apple.com/jp/quicktime/trailers/casshern_large.html
2. http://www.apple.com/jp/store/english/
3. http://www.1-click.jp/

Google (US)
1. http://www.adobe.com/products/acrobat/readstep2.html
2, http://www.adobe.com/uk/products/acrobat/readstep2.html
3. http://www.xe.com/ucc/

Yahoo! (JP)
1. http://www.1-click.jp/
2. http://www3.to/ofp/
3. http://www.square-enix.co.jp/dvd/ff7ac/

Live Search
1. http://www.canon.co.jp/Imaging/BeBit-e.html
2. http://www.canon.co.jp/Imaging/NOTICE/011214-e.html
3. http://www.scarfacegame.com/

Ask.jp
1. http://www3.to/ofp/
2. http://isweb.www.infoseek.co.jp/
3. http://www-jp.netapp.com/

Google US はAdobeですがGoogle JP(日本語ページ)はQuick Time。惜しいですね!

Live Search でキャノンが1位になるのは興味深いところです。

一緒に参加した同僚はクイズの最後まで残りましたが、最後の1問を間違えて敗退、何ももらえず。というか司会者のヒント与えすぎ&ひっぱりすぎがなければ勝者だったのに。2人にDSあげてもいいじゃないですかCNETさん。





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。