SEO「GoogleはYahoo!の15倍、テクニカルな問題に敏感」 - 米Covario調査

Covarioが300ブランドサイトを7ヶ月にわたり調査、SEO施策とランキングの関係を明らかにした。


公開日時:2008年04月08日 13:58

サーチテクノロジー企業の米Covario(旧SEMDirector)は2008年3月31日、サイトに施した変更と検索エンジンでのランキングの相関関係を調査した結果を発表した。2007年3月1日から2007年10月15日までの7ヶ月にわたり、同社のFortune 500クラスの25の広告主が運営する300のブランドサイトを、CovarioのSEOパフォーマンス分析ツール「Covario Organic Search Insight」を使って調査した。

Covarioによると自然検索のランキングに影響を与える要素は「テクニカル要因(タグやURLの問題)」、「検索エンジン視点のコンテクスト(外部リンクの関連性など)」、そして「コンテンツ」の3つに分類できるという。今回のちょうさでCovarioはGoogle、Yahoo!、MSNそれぞれがこの3要素への変更に対してどのように反応するかを明らかにした。

結果は、Googleはテクニカル要因に対してYahoo!よりも15倍、MSNよりも2倍、敏感に反応した。また、リンク戦略についてGoogleはMSNより50%敏感、そしてコンテンツの問題では他の検索エンジンよりGoogleは25%鈍感だった。

同時に、サイトへのコンテンツ展開において問題になるのはその場所であること、ウェブサイトやページのどこに戦略的にキーワードを記述するかによってランキングのパフォーマンスが大きく変化することも明らかとなった。リンクについては数より質が問題であり、リンクの数と順位に相関関係は見当たらなかったが、リンクの質と順位には有意義な相関関係が認められたとしている。

Covario Announces Results from Seven-Month Study of 300 Large Brand Web Sites [Covario]
http://www.centredaily.com/business/technology/story/492946.html

#
リンクは数じゃなく質が大事というのは昔からいわれていたことだけどね。これわかってない人が日本には多いけど。





記事カテゴリ:サーチニュース 07H2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。