Google、ウェブ検索での「補足結果(Supplemental Results)」表示を廃止

Googleがウェブ検索での「補足結果」表示を廃止したことを正式に公表。サーチシステムの改良に取り組んだ結果、主インデックスと補足インデックスを切り離す必要性がなくなったため。


公開日時:2008年01月20日 19:05

米Googleは2007年12月18日、ウェブ検索結果において一部のウェブページのリンクに表示していた「補足結果(Supplemental Results)」を廃止したことを明らかにした。

補足結果とは、Googleが関連性が低い、重要度が著しく低いと判断したページにつけられるもの。2003年以降、Googleは検索利用者からの検索要求に対して主インデックス(main index)から適合するウェブページを抽出し検索結果に表示したが、十分なページが存在しない場合は補足インデックス(supplemental index)から適合するページを表示した。

補足インデックスに取り込まれるページとは、PageRank及び被リンクが著しく低いページのほか、複雑な引数(パラメータ)を持つウェブページ、タイトルやメタタグ、コンテンツが重複したページ(重複コンテンツ問題)などが対象。いずれにせよ、SEOマーケッターにとって、自社サイトのウェブページが「補足結果」に含まれていては関連キーワードで検索結果の上位に表示させることが困難なことを示唆していることから、解決すべき重要な問題とみなされていた。

Googleは2007年に同社のサーチ関連のインフラストラクチャを整備し、クロールやインデクシングの技術改良に取り組んだ結果、主インデックスと補足インデックスの差がなくなってきており、検索クエリにより適合する数多くのウェブページを検索結果に表示できることから、補足結果を廃止する旨を2007年7月31日に行っていた。今回、あらためて正式にその作業が完了したことを報告している。

The Ultimate Fate of Supplemental Results [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2007/12/ultimate-fate-of-supplemental-results.html

Supplemental goes mainstream [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2007/07/supplemental-goes-mainstream.html

cf.
グーグル、Web検索「補足結果」表示を廃止 - 補足インデックス改良に伴い今夏より :: SEM R





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。