「アクセスカウンタへの隠しリンクはガイドライン違反」 - Google Adam Lasnik氏

SEO目的で隠しリンクを埋め込んだアクセスカウンタや解析ツールを配布するののはGoogleのガイドライン違反、Google Adam Lasnik氏指摘。


公開日時:2008年02月07日 08:19

米GoogleのAdam Lasnik氏はインタビューの中で、アクセスカウンターに埋め込まれた隠しリンクはガイドライン違反であるとの見解を明らかにした。

指定されたHTMLコードを貼り付けるだけで無料で利用できると配布されているアクセスカウンタの中には、ソースコード内にひっそりと特定のサイトへのリンクが埋め込まれている場合がある。これはカウンタ配布者がSEOを狙っており、カウンター利用者が増えれば増えるほど、隠しリンクに設定されたサイトへのリンクが集まり、難易度の高い検索キーワードでのSEOを実現する。

しかし、こうした隠しリンクはアクセスカウンタ利用者が了承して張り付けたものではなく、Googleのガイドラインにも明らかに違反するという。Googleはこうしたリンクを検出した場合、そのアクセスカウンタを配布しているサイトに対する措置を講じるとAdam Lasnikは説明する。

日本国内でも無料で配布されているアクセスカウンタやウェブ解析、その他各種ツールの中ソースコード内に noscript や 1ピクセルの画像に隠しリンクがSEO目的で設置されているものは少なくない。今回Adam Lasnik氏がインタビューに答えるまでもなく、隠しリンクとしてガイドラインに違反するという解釈は導くことができるため、良識があれば(たとえ実害がなくても)手を出さない。

しかし、過去にGoogleが実際に隠しリンク埋め込みツールにペナルティを課したことはないため※、問題にならない手法として利用されている可能性もある。

※ アクセスカウンタ埋め込みリンクがスパムと判定されて、配布サイトがインデックスから除外されたという事例を私は聞いたことがないです

Adam Lasnik: Well, first as you know, what you see in "Link:" is not always fully representative of the back-links that we know about. As I understand it these are hidden links, so if someone puts a counter on their page, and there is a link there that the site owner doesn't actually know about, they are not editorially giving that link. And, hidden links are definitely against our webmaster guidelines, so right there that I think confirms your thought that this is not a practice that we condone or support. And, when we are aware of it, we will take action against the site that is establishing these counters and distributing them. [Adam Lasnik Discusses WebSpam with Eric Enge, STONETEMPLE CONSULTING]




記事カテゴリ:サーチニュース 08H1


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。