米Google、2007年に450以上に及ぶアルゴリズムを改良

GoogleのUdi Manber氏が検索技術についてのインタビュー。昨年450以上のアルゴリズム改良を実施した。


公開日時:2008年04月18日 08:40

米Googleはサーチのレレバンシー(関連性)改善のために2007年に450以上のアルゴリズムの改良を実施した。同社エンジニアリング担当バイスプレジデントUdi Manber氏が明らかにした。また同氏は、検索結果に手を加えることは一切ないと回答しているが、それについてMatt Cutts氏が同氏のブログにて補足を追加し、ウェブスパムなどを手動で取り除く場合があるとした。

#

補足。Googleはウェブスパムを排除する方法として、「オート(自動)」と「マニュアル(手動)」を併用する。スパムフィルタリング技術で検出したスパムページは一時的にインデックスから外す措置によって検索品質の維持に努める。一方、一律のルールに基づいて排除できないような、人による判断が必要な類のもの※は、Googleのサーチクオリティ担当がチェックをして、もしガイドラインに違反すると判断されればインデックスから除外する。

後者の場合、インデックスに再掲載するためにはRe-inclusion Request(再申請)の手続きが必要。

※ すべてがフィルタリングで一律に排除されるわけではない。たとえば100以上のサイトが相互にリンクしあっていたとしても、多数のサイトを運営する大企業が合理的な理由のもと相互にリンクをはっているのであれば問題はないし、逆に検索順位を不正に操作しようとする以外の客観的自由が見つからないものがあれば問題になる。つまり、単純に「多数のサイトが相互にリンクされている」状態があったとしても、その要件だけではアルゴリズムは何の判断もすることはできない (※ 予想外の変な解釈をする人がいたので、文章を一部修正しました 18:30)

(以上、補足で記載した情報はGoogleエンジニア・Matt Cutts氏の講演の内容に基づき、私が日本国内向けにアレンジしました)





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。