SEO 「ドメインの持ち主が変わった場合、リンク価値をゼロにする」 - Google Matt Cutts氏

サンフランシスコで開催中のDomain Roundtableにて。Google Matt Cutts氏がドメインとSEOの話題に触れる。ドメインの所有者が変わった場合はリンクの価値を無効にする。


公開日時:2008年04月22日 07:10

米Googleエンジニア・Matt Cutts氏は、米国・サンフランシスコで開催中のDomainTools.com主催「Domain Roundtable」にて講演を行い、ドメインに関連する検索エンジン最適化(SEO)について触れた。Matt氏は、もしドメインの持ち主が変わった場合、当該ドメインに張られたリンク価値をほぼゼロにすると述べた。

また、Googleはキーワードと一致するドメイン名にはいくらかのウエイトを置くが、ランキングを考える上で考慮するほどではないとしている。

#
勘違いする人が出てきそうなので私の補足を加えます。所有者が移った場合にリンク価値を無効にするのは、PageRankが高くついたドメイン転売ビジネス(スパム)への対抗措置。ただし、合理的な理由で所有権が変わる場合は当然あるので(会社のM&A、サイトの譲渡など)、もし正当な手続きを踏んでいるのにリンク価値が無効にされたのであれば、Googleに申し立てを行うことができる。どこかのSEOセミナーで、「所有者がかわるとPageRankリセットされるから名義変えないで」といってるのを聞いたけど、そんなことはない。だから、代理登録するとSEO的に良くない、というのも正しくない。検索会社は、対象となる情報(サイト、ページ)が検索されやすくなるために一般的に行われるビジネス慣行や当然行われうる活動に制限を加えるようなルールを作ったりしない。





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。