SEO リンク対策は、サイト"内"とサイト"外" で異なる

SEOでいうリンク対策には、サイト内リンク対策とサイト外(外部)リンク対策の2つに分けられます。


公開日時:2008年04月25日 21:03

さて、検索エンジンがリンクを評価するポイントを理解したところで、Webサイト運営者側の視点から SEO の一環としてのリンク対策のお話に移りたいと思います。ただし、一口にリンク対策といっても、あなたが所有するWebサイト内のリンクを適切に設置する「サイトの中」の話と、あなたが所有しないWebサイト(つまり、他人のWebサイト)からリンクを獲得する「サイトの外」の話を分けて考えなければいけません。これはなぜでしょうか。

サイト内リンクの最適化と、サイト外リンクの最適化には大きな違いが1つあります。それは、リンク設置を決定する権利は誰が持っているか、ということです。つまり、所有するWebサイト内においてはどこのページから、内外問わずどこのページに対してどのような形式でリンクを張るのか、全て所有者であるあなたが決定できます。つまりサイト内リンクの最適化はWebサイト運営者が完全にコントロール可能であり、力量次第でいくらでも理想的なリンク対策が可能です。

これに対してあなたに所有権がない外部Webサイトについては、どこのページからどこのページに対してリンクを張ってもらうか、コントロールする権利は一切ありません。あくまでその外部サイト所有者の判断に委ねられます。外部サイトに対して「お願い」という形で希望を伝えることはできるかも知れませんが、相手がそれに従うか、それを強要することはできません。つまり、外部サイトからのリンク最適化はSEO実施者自身にコントロールする権利が基本的にないため、対策が非常に難しいという側面を持ち合わせています。

さらに、サイト内のリンク最適化で求められるものと、サイト外のリンク最適化で求められるものは異なっていますので、これを分けて対策を考えていかなければいけません。

(2005年1月)





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。