Google、サイト訪問者数がわかる「Google Trends for Websites」公開

グーグル、AlexaやCompete同様に、指定したサイトの訪問者数を調べられるGoogle Trends for Websites 公開。情報源は、Google Analyticsやマーケット調査、Google検索データなど。


公開日時:2008年06月23日 10:34

米Googleは2008年6月20日、ウェブサイトの訪問者数データを表示する「Google Trends for Websites」を公開した。無料で利用できる。

これまで公開されていたGoogle Trendsが、指定したキーワードの検索ボリューム量の推移を表示するように、Google Trends for Websitesは指定したウェブサイトの訪問者数の推移を表示する。また、当該サイトをよく訪問する人が同じく訪問するウェブサイトや検索キーワード(Also visited, Also searched for)のデータも表示可能。国・地域を選択することで、特定地域のデータも参照できる。

Googleによると、Google Trends for WebsitesのデータはGoogle検索データ、オプトインによる匿名のGoogle Analyticsデータ、オプトインの消費者データ、サードパーティーのマーケット調査データなど複数の情報源を組み合わせて算出しているという。また、データとして表示するのは一定の条件を満たしたサイトのみで、トラフィックが少ないサイト、Googleにインデックスされていないサイト、品質ガイドラインを満たしていないサイト、その他の理由によりGoogle Trends for Websitesに表示されないサイトがある。

Google Trends for Websites
http://trends.google.com/websites?q=yahoo.co.jp

Google Trends for Websites FAQ
http://www.google.com/intl/en/trends/websites/help/index.html

A new layer to Google Trends [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2008/06/new-layer-to-google-trends.html


#
Alexa、Compete などと同様に、信頼性は不明だけど単なる参考値としての活用でしょうか。Googleが本気でこの領域やれば面白いんですけど。





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。