Google、キーワードツールで検索数の公開開始

Googleのキーワードツールが検索数データ表示へ。指定した検索キーワードの前月と過去12ヶ月平均のおおよその検索回数を把握可能に。


公開日時:2008年07月10日 14:59

Googleは2008年7月9日、アドワーズ広告主向けに提供するキーワード作成支援ツール「キーワードツール」において、個々の検索クエリの検索ボリュームなどの数値データを公開した。日本語も対応している。

これまでキーワードツールは大まかな検索ボリュームをグラフ表示したものの実数値は公開されていなかった。今回、リストに表示されたキーワードの前月の検索回数と、過去12ヶ月の平均検索回数データが表示されるように変更された。データが十分にない場合は「不十分なデータ」と表示され数値はわからない。

検索会社が提供する、検索回数データつきのキーワード選定支援ツールとして、過去にオーバーチュアが提供していたキーワードアドバイスツールがあったが、すでに提供は終了されている。当時のオーバーチュアのデータを用いたアドバイスツールがいくつかの個人・法人で提供されているものの、1年以上前のデータに基づいているため新語や新しい検索傾向を把握できない、今日の検索回数がわからないといった欠点があった。現在、最新の検索データと回数を知ることができる日本市場対応のツールは、キーワードハンターがあるが、新たなデータソースとしてGoogleキーワードツールが加わることになる。

Googleキーワードツール
https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal

[UPDATE: 2008/11/19 Google、検索キーワードアドバイスツール「Search-based Keyword Tool」公開

#
Googleキーワードツールの検索回数表示は、一部日本語に対応してない?表示されるべきキーワードが表示されないケースあり。検索語の認識方法やフィルタリングの方法が違うので、海外でWordTrackerやKeywordDiscovery、etc.. などサードパーティーのアドバイスツールが並存するように、日本でもリサーチツールとしてもっと色々なツールがマーケティングに活用されるようになればいいんですけど。





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。