Google、詳細な検索行動が調査できるGoogle Insights for Searchをリリース

米Googleは2008年8月5日、検索キーワードの詳細な情報を調査できる、広告主やマーケティング担当者向けのツール「Google Insights for Search」を公開した。


公開日時:2008年08月06日 17:02

米Googleは2008年8月5日、検索キーワードの詳細な情報を調査できる、広告主やマーケティング担当者向けのツール「Google Insights for Search」を公開した。

Google Insights for Searchは、検索クエリを基に、ユーザーの検索行動や傾向を調査することができるツール。例えば、「Apple iPhone」と検索すると、2004年から現在に至るまでの検索ボリュームの推移を時系列で表示するほか、同キーワードが検索された国・地域を地図上にヒートマップで表示したり、同キーワードを含むよく検索されるワードと、検索回数が情報しているワードを表示する。フィルタ機能を搭載しており、調査範囲を世界(Worldwide)だけでなく特定国に限定したり、参照範囲を2004年以降から年、過去12ヶ月、90日以内と絞ったり、カテゴリ(種別、業種)を指定してデータを参照することもできる。

Inside AdWordsではGoogle Insights for Searchの活用例を、appleを使って紹介。フィルタなしで検索すると、appleと並ぶ言葉はiPodやiPhoneなど、アップルブランドに関連する語句が並ぶが、フィルタでカテゴリを「飲料&食品」に絞ることで全く異なる検索クエリが表示される。

なお、Google Insights for Searchを利用して数値を確認したりデータをダウンロードするためには、Googleアカウントを取得・ログインする必要がある。

[UPDATE] Google Insights for Searchが日本語対応しました (2009/08/17)


Google Insights for Search
http://www.google.com/insights/search

Announcing Google Insights for Search
http://adwords.blogspot.com/2008/08/announcing-google-insights-for-search.html


#
この手のヒートマップって、世界地図表示するから「日本関係ないよ」ってこと多いのですが、 Insights for Searchは選択した国の地図を表示するんですね





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。