フルスピード、入力フォーム最適化サービス開始「フルスピードEFO」

フルスピードが入力フォームを最適化して離脱率を下げるEFO(Entry Form Optimization)サービスを開始。


公開日時:2008年08月19日 17:27

株式会社フルスピードは2008年8月19日、会員登録や資料請求などのエントリーフォームにおける入力フォームを最適化するEFO(Entry Form Optimization)のサービスを開始した。

「フルスピードEFO」は入力箇所が複雑、入力に手間がかかる、入力項目が多い、入力ミスや入力漏れが起こりやすい等、運営サイトが抱えている様々な問題や課題を解決し、入力フォームからの離脱改善を目的とする。ASPで提供するため既存入力フォームの仕様変更が不要。

料金体系は成果報酬型を採用し、入力フォームの離脱率の改善に対し課金する。改善が見られない場合は初期費用のみ発生する。

#
名前の入力1つとっても「姓」「名」でフォームを分ける・分けない、郵便番号の入力方法、電話番号の - の有無など、ちょっと変えるだけで離脱率は変わるからね。





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。