Google、Eye Squareによるアイトラッキング、検索行動調査

Googleがアドワーズ広告プログラムの販促のためGoogle Full Value of Searchを開設。アドワーズ広告の成果や検索行動に関するデータが掲載されている。アイトラッキングなど。


公開日時:2008年09月22日 14:15

Google Germanyがアドワーズ広告のプロモーションサイト"Google Full Value of Search"にて、Google、Eye Squar、INTが共同で実施した消費者の検索行動に関する調査データが掲載されている。

自然検索と有料検索広告のセクションでは、検索利用者の目の動きを追うアイトラッキングのデータを掲載。検索結果を開いてから最初の5秒間でユーザーが見る場所をヒートマップ表示したものだが、画面の左上、つまりアドワーズ広告のプレミアムポジション(自然検索より上の3つ)と自然検索1,2位に視線が集まっていることがわかる。また、インフォメーショナルクエリ(ある質問に対する回答、など)とトランザクショナルクエリ(ダウンロードする、購入する、など)における検索結果の見方の違いを表したヒートマップでは、前者より後者の方が検索結果のより下の方まで目を通していることがわかる。

また、この実験参加者へのインタビューの中で、検索結果には広告が含まれていることを知らず、検索最上部のリスティング背景が黄色になっている理由として(正しくは、広告であることを示すために背景色が変えられているのだが)ユーザーの1人は「最も関連性が高いから色が変わっているんだよね」という趣旨の回答をしている。

アドワーズ広告の効果の高さを示すものとしてGoogleは上記のコメントを紹介しているが、同社Sergey Brin氏は以前のインタビューにおいて、自然検索と広告を区別することは重要であり、Googleはこの2つを明確に大きな”壁”で分断しているが、他の検索エンジンははっきりと区別していないと、自然検索とわけ隔てることが大事だと力説していた。


Google SERP アイトラッキング調査
http://www.full-value-of-search.de/key_questions/3/answers/15

cf.
GoogleとYahoo!、検索満足度が高いのはどっち? アイトラッキング調査





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。