最も広告がクリックされる検索エンジンはYahoo! - Compete調査 (2008)

米Competeの検索連動型広告のクリックシェアに関する調査。検索回数全体に占める広告クリックの割合を見るとGoogleが1位だが、クリックに至った検索回数に占める広告クリックの割合を見るとYahoo!が1位。


公開日時:2008年10月27日 13:16

ウェブトラフィック分析の米Competeは2008年10月24日、3大検索エンジン(Google、Yahoo!、MSN / Live Search)における検索広告のクリック数に関するデータを公開した。

Competeが発表している最新の米国検索シェア(08年8月)によると、Googleが69.4%、Yahoo! 20.1%、MSN / Live Searchが6.6%。これを四半期ごとに、検索回数に占める広告クリック数の割合を算出すると、1.1%から4.2%の幅で変動するがGoogleが最も広告がクリックされる検索エンジン(2008年第3四半期で3.4%)、Yahoo!が2番目(同期比2.6%)となる。

Compete調査 全クリックに占める広告クリック数の割合

ところが、同じデータを「クリックに至った検索回数に占める、広告クリックの割合」で見てみると、次のグラフのようにYahoo!とGoogleが逆転してしまう。以上のデータからみると、「検索連動型広告の稼働率はYahoo!が1番」となるわけだが、実際には検索広告クリックあたりの単価(CPC)や冒頭で触れたようにGoogleはYahoo!の3倍近くの検索シェアを持っているため、単純にYahoo!が検索広告で最も稼いでいるというわけではない。


The Undiscovered Best: How Yahoo! Actually Leads Paid Search [Compete]
http://blog.compete.com/2008/10/24/google-yahoo-live-paid-search/





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。