ネット広告のブランディング効果共同調査プロジェクト「ネット広告バリューインデックス」開始

VRIとヤフーらポータルサイト事業者4社が、インターネット広告のブランディング効果に関する共同調査プロジェクト「ネット広告バリューインデックス(NAVI)プロジェクト」開始。今回よりオールアバウト参加。


公開日時:2008年11月17日 11:52

ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)、NTTレゾナント、オールアバウト、マイクロソフト、ヤフーの5社は2008年11月17日、インターネット広告のブランディング効果に関する共同調査プロジェクト「ネット広告バリューインデックス(Net Ad Value Index:略称NAVI)プロジェクト」を開始した。

「ネット広告バリューインデックスプロジェクト」はインターネット広告の視認効果を検証する指標を作成するため、2007年より取り組んできたもの。今回よりオールアバウトが加わった。

今後、VRI監修のもと、All About、goo、MSN、Yahoo! JAPANに掲載される広告を対象として調査を行い、広告注目率、クリエイティブに対する評価、広告接触によるブランディング効果等の事前予測や事後検証に活用できる基準値をアップデートしていく。インターネット広告や他の媒体も含めた複合的なメディアプラニングのための基礎データとしても広く活用されるよう、2009年秋頃に調査結果および基準値を公表する予定。

報告書「インターネット広告出稿によるブランディング効果3つの法則 (PDF)
http://www.videoi.co.jp/release/pr20080421.pdf

インターネット広告出稿効果シミュレータ
http://www.videoi.co.jp/ad-sim/





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。