ネットスターのデタラメなカテゴリ分類

ネットスターの携帯フィルタリングの分類方法について。www.sem-r.com が未承諾広告カテゴリに分類された経緯について質問した。


公開日時:2008年12月02日 10:44

携帯フィルタリングを提供しているネットスターにて、www.sem-r.com がどのカテゴリに分類しているか調査したところ、「大カテゴリ 未承諾広告 > 小カテゴリ 迷惑メールリンク」というカテゴリに何故か分類されていたので、ネットスター社に質問してみました。

質問したところ、同社技術部テクニカルサポート課URLサポートから来た返事がこれ。

いただきましたURLを「未承諾広告>迷惑メールリンク」カテゴリとして登録いたしました経緯についてご説明させていただきます。

弊社所有の迷惑メール収集用携帯電話にて、意図しないメールの本文に貴社サイトのURLが記載されたメールを受信しておりますので、上記カテゴリで登録をおこなっております。その為、カテゴリ変更はできかねますのでご了承いただけますようお願いいたします。

へー。少なくとも自分自身で www.sem-r.com を含んだメールを不特定多数にメール送信した記憶はないんですが。私自身が送信していないのに、ある迷惑メールにURLが含まれていたという理由でそれのカテゴリを変更するのであれば、『嫌いなサイトのURLを含んだメールを適当にばら撒いておくと、その企業のカテゴリを「未承諾広告>迷惑メールリンク」に変更させられる』、という理屈になります。






記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。