オプト、エントリーフォーム最適化「ADPLAN EFO」を販売開始

オプトがエントリーフォーム最適化のシステム「ADPLAN EFO」販売。


公開日時:2008年12月17日 17:21

株式会社オプトは2008年12月15日、ウェブサイトのエントリーフォーム最適化システム「ADPLAN EFO」の販売を開始した。

EFOとはEntry Form Optimizationの略で、エントリーフォーム入力に対するストレスを緩和しユーザの離脱を防ぐための施策。マーケティングの目的の多くはユーザの会員登録や資料請求、商品購入などに定めていることが多いが、それの最終行動となるエントリーフォームでユーザが離脱する場合がある。たとえば、特定ブラウザでアクセスした際に特定項目を修正しようとするとすべての情報がクリアされたり、英数字の全角・半角文字の入力指定、電話番号や携帯電話番号入力時のハイフン(-)の有無、全体の入力項目数など、エントリーフォーム入力中の離脱を促す要因は数多く存在するが、EFOはそれらを最適にする一連の作業を指す。

オプトがリリースしたASPサービス「ADPLAN EFO」は、入力必須項目の背景色をユーザーにわかりやすいように変更したり、誤った文字列(数字・漢字・全角・半角など)をユーザーが入力した場合、瞬時に指摘するなどの機能を提供する。また、ADPLAN EFO導入企業は管理画面から改善率や項目別、日別などのレポートを取得することができる。

ADPLAN EFOの利用料金は、初期費用20万円、月額費用10万円から。フォーム数によって料金が異なる。

cf.
フルスピード、入力フォーム最適化「フルスピードEFO」販売開始 :: SEM R





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。