『ディスプレイ広告なしに検索はない』 - Specific Media 調査

米Specific Mediaによるディスプレイ広告と検索の関係性についての調査。60以上のキャンペーンを追跡した結果、ディスプレイ広告と検索の相関性が明らかに。


公開日時:2008年12月17日 18:04

米Specific Mediaは2008年12月3日、ディスプレイ広告キャンペーンと消費者の検索行動に関する調査結果を発表し、ディスプレイ広告が検索行動を促すことが明らかになった。

Specific Mediaが顧客企業をcomScoreのデータで分析したところ、ディスプレイ広告に接触した消費者の検索行動は155%上昇しており、特に旅行・観光の分野では247%の検索の上昇が確認されたという。検索行動を誘発するディスプレイ広告なしにはSEOやSEMは役に立たないということだ。

この結果についてSpecific Media COOのChris Vanderhook氏は「ディスプレイ広告は検索行動やサイト訪問、エンゲージメントに大きく影響する」と説明する。eMarketerのシニアアナリスト・David Hallerman氏は「ディスプレイ広告と検索広告は関係する。消費者に行動を促すのは検索広告ではなく、マーケティング全体のコンテクストである」と指摘する。

米MicrosoftがAtlas SolutionsのEngagement Mappingを使って実施した2008年9月の調査では、ディスプレイ広告に接触した消費者は22%購入する割合が高いことが明らかになっており、顧客獲得のためには検索だけでは不十分、との見解を出している。

Specific Media Launches First Annual Benchmark Study Proving Display Ads Drive Consumers to Search [Specific Media]
http://www.specificmedia.com/press-releases.php?id=40





記事カテゴリ:サーチニュース 08H1
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。