Yahoo! 51.2%、Google 39% - 日本の検索エンジンシェア 2008年9月 - コムスコア調査


コムスコア・ジャパンによる日本の検索プロパティのランキング。ヤフーが51.2%で首位、グーグルは39.0%、マイクロソフトは1.5%。


2008年12月19日 16:33 | サーチニュース 08H1 | TrackBack (0) | 執筆:

米ネット視聴率調査会社・comScoreは2008年11月26日、日本国内の検索プロパティランキングを発表した。同社の検索市場の分析・調査ツール「qSerach 2.0」を使用して集計した。

2008年9月日本の総検索回数は約59億回、検索利用者1人あたりの検索回数は月間96回だった。最も検索回数が多い検索サイトはYahoo!JAPANで約30億回で検索者1人あたり58.9回/月、Googleは約22億回で検索者1人あたり54.7回/月。これら検索回数をベースにした検索エンジンシェアは、Yahoo!JAPANが51.2%、Googleが39.0%だった。Microsoftの検索シェアはわずか1.5%となっている。

なお、コムスコアが2007年9月に発表したデータでは、検索シェアがYahoo!JAPAN: 47.4%、Google 35.0%。

日本のサーチエンジンシェア - comScore Japan 2008年9月
SOURCE: comScore qSearch, September, 2008、家庭と職場を合わせた15歳以上のユーザーの総数、検索回数のシェア
*: インターネットカフェなどの公共のコンピュータ、および携帯電話・PDAからのアクセスを除く
**: Google SitesにはYouTubeを含む。
***: 「検索回数」は検索サイト以外のサービスサイトでの検索回数も合算して算出。

コムスコアが2008年9月の日本における検索ランキングを発表 [comScore]
http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2599

cf.
comScore 日本の検索シェア - 2007年9月 :: SEM R

Nielsen Online 日本の検索シェア - 2008年4月 :: SEM R

参考:欧州でのグーグル検索シェア(国別)
ヨーロッパでのGoogle検索エンジン 利用者割合










最新の検索エンジンニュース

新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
SEO 外部リンク診断・分析時に大切な2つの評価基準
ペンギンアップデート3.0は影響1%未満、完了まで数週間かかる見込み
「SEOとGoogle の展望とSEO担当者が理解すべき戦略 2015 セミナー」(11/27)
Google ペンギンアップデート3.0 傾向と対策
Google「パイレーツアップデート」実施、著作権侵害サイト対策を強化
アダルト専門検索のBoodiGo、著作権侵害対策でPorn Guardianと提携
【公式】 Google、ペンギンアップデート3.0実施を認める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。