中国百度、自然検索と広告を区別して表示する試験を開始

中国検索エンジン最大手・百度(Baidu)が自然検索と広告を区別して表示する実験を開始。


公開日時:2009年01月13日 16:07

米WSJによると、中国最大の検索エンジン・百度が自然検索と広告を区別して検索結果に表示する試験を開始した。

今回の試験は、GoogleやYahoo!など主要検索エンジンで一般的に採用されているユーザインターフェースと同様、画面の右側に広告(Paid Search)を表示するもの。これまで百度は自然検索と広告を区別せずに表示しており、キーワードによっては検索結果1ページ目がすべて広告というケースもあった。しかし最近は無許可の医薬品販売が広告として検索結果の最上位に表示されるなど、同社のこれまでの慣習に批判が集まっていた。

Now Chinese Internet users and bloggers are demanding that the company change the search model. And advertisers could be adding to the pressure to change the ad system. They are currently paying Baidu whenever customers erroneously visit their sites searching for something else. [Baidu May Be Set for Costly Changes, WSJ]




記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。