ウェブ検索結果レイアウト調査 (1) - goo

ウェブ検索結果の自然検索 - 有料検索のレイアウト調査。第1回はgoo(グー)。


公開日時:2009年01月18日 14:28

日本国内の主要検索エンジンのウェブ検索結果のUI・レイアウトを調査しています。数年前と比較して随分と有料検索(広告)エリアが増えたものです。まずgooから。

黄色エリアが有料検索(Paid Search、広告)、青色エリアが自然検索(Organic Search)です。キーワードは広告スペースを最大限に利用しているであろうワードの中から「転職」を選んでみました。

gooウェブ検索結果(全体)

全体を示したものが画面1。ページ全体で見るとgooの場合、画面の上に広告が集中していることがわかります。一方でYahoo!やGoogleで広告になっている右端エリアはブログ検索結果(つまり自然検索)を表示しているのが特徴です。

画面1:gooウェブ検索結果(全体、SERP1ページ目)
gooウェブ検索 自然検索、有料検索のエリア分け、全体


gooウェブ検索結果(above the fold、ファーストビュー)


続いてファーストビュー(スクロールせずに表示されるエリア)です。ちなみに 1,600 x 1,200 の液晶ディスプレイで表示した部分を示していますので、ファーストビューにしては上下に大きくとっているつもりです。しかし視線が集中するであろうエリアは広告主体です。

画面2:gooウェブ検索結果(ファーストビュー、ディスプレイ環境は1600 x 1200)
gooウェブ検索 自然検索、有料検索のエリア分け、above the fold

画面上部のスポンサーリンク内訳は、Googleアドワーズ広告8枠、クロスリスティング(レモーラリスティング)1枠の合計9枠。





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。