Google大規模障害、トラフィック90%減少 - AT Internet/XiTi調査

Googleの検索サービス障害により、サーチトラフィックが90%減少。AT Internet/XiTi.com


公開日時:2009年02月03日 12:20

Google大規模障害の影響、AT Internet/XiTi.com

フランスの調査会社AT Internet/XiTi.comは2009年2月2日、1月31日に発生したGoogleの大規模障害の影響で、Googleからリンク先サイトへのトラフィックが90%減少したとの調査結果を発表した。

この調査はAT Internet/XiTi.comがアクセス監視対象とする32,470サイトを集計した。31日 PM 3:00 (CET、中央ヨーロッパ時間)時点のGoogleからのトラフィックを100とすると、PM 3:29 には 95に減少、そして障害が発生した約30分間は9まで落ち込み、通常のわずか10%のトラフィックしか流れていなかったという。

ちなみに同社が毎月発表している検索シェアを見ると、Google 91.22%、Yahoo! 2.44%、Live Search 2.17%、AOL 1.40%、Orange 1.00%、Lo.st 0.58%、Yandex 0.07% と欧州を中心にしたインターネットアクセス調査を実施していることがわかる。ヨーロッパは全体的にGoogleが独占的なシェアを持ち、多くの国で検索シェア80%を超えている。こうした調査パネルの特性があるがGoogle依存度が高い国・地域での影響の度合いを知ることはできる。

Google breaks down on the 31st of January 2009 - 50 minutes to go back to normal
http://www.atinternet-institute.com/en-us/focus-on-current-events/google-breaks-down-on-the-31st-of-january-2009/index-1-2-1-158.html

Search Engine Barometer - December 2008 Live Search ends 2008 on a positive note.
http://www.atinternet-institute.com/en-us/focus-on-current-events/search-engine-barometer-december-2008/index-1-2-1-154.html

【参考】 欧州のGoogle検索シェア (comScore, 2008/01)

ヨーロッパ各国におけるグーグルのサーチエンジンシェア



記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。