日本の総検索回数は68億回、Yahoo!が過半数シェア - comScore調査 2009年1月

コムスコアが日本の検索エンジンの検索回数内訳や検索シェアの調査を発表。2009年1月。Yahoo! 51.3%、Google 38.2%。


公開日時:2009年03月11日 09:46

米comScoreは2009年3月10日、日本の検索市場の検索回数や検索シェアについてのデータを発表した。

comScoreが発表した検索シェアのデータは、検索クエリ数をもとに算出。インターネットカフェなどの共用PCや携帯電話、PDAからのアクセスは除外している。GoogleはYouTube.comも含めている。

検索シェアは、Yahoo!が51.3%、Googleが38.2%。Yahoo!とGoogleで検索シェアのほぼ90%を占めている。3位の楽天はわずか2.2%、Microsoftは1.7%。利用者あたりの検索数を見ると、Yahoo!が61.9回、Googleが55.4回。検索シェアは0.7%しかないNEC (BIGLOBE ?)が1人あたりの検索数では3番目に多い23.7回となっている。

2009年1月の日本の検索市場の総検索回数は68億回で、前年同期の62億回から9%増加した。内訳を見ると、検索回数の伸びが一番大きかったのがExcite Japanで前年の1100万回から5200万回と362%も増加した。Yahoo!は3096万回から3489回と13%増、Googleが2481万回から2596万回と5%の伸び。


January Marks Record Month for Search Volume in Japan with 6.8 Billion Searches, Up 9 Percent Versus Year Ago
http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2745

#
検索回数の伸びを見ると、Excite Japanが362%増、楽天が38%増となっていますが、何故なんでしょう?mixiがマイナス42%(4000万回から2300万回)というのも理由がわかりません。





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。