日本の総検索回数は68億回、Yahoo!が過半数シェア - comScore調査 2009年1月

コムスコアが日本の検索エンジンの検索回数内訳や検索シェアの調査を発表。2009年1月。Yahoo! 51.3%、Google 38.2%。


公開日時:2009年03月11日 09:46

米comScoreは2009年3月10日、日本の検索市場の検索回数や検索シェアについてのデータを発表した。

comScoreが発表した検索シェアのデータは、検索クエリ数をもとに算出。インターネットカフェなどの共用PCや携帯電話、PDAからのアクセスは除外している。GoogleはYouTube.comも含めている。

検索シェアは、Yahoo!が51.3%、Googleが38.2%。Yahoo!とGoogleで検索シェアのほぼ90%を占めている。3位の楽天はわずか2.2%、Microsoftは1.7%。利用者あたりの検索数を見ると、Yahoo!が61.9回、Googleが55.4回。検索シェアは0.7%しかないNEC (BIGLOBE ?)が1人あたりの検索数では3番目に多い23.7回となっている。

2009年1月の日本の検索市場の総検索回数は68億回で、前年同期の62億回から9%増加した。内訳を見ると、検索回数の伸びが一番大きかったのがExcite Japanで前年の1100万回から5200万回と362%も増加した。Yahoo!は3096万回から3489回と13%増、Googleが2481万回から2596万回と5%の伸び。


January Marks Record Month for Search Volume in Japan with 6.8 Billion Searches, Up 9 Percent Versus Year Ago
http://www.comscore.com/press/release.asp?press=2745

#
検索回数の伸びを見ると、Excite Japanが362%増、楽天が38%増となっていますが、何故なんでしょう?mixiがマイナス42%(4000万回から2300万回)というのも理由がわかりません。





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。