米Adobe、Flash制作者向けのSEO情報サイトを刷新 - SEO Technology Center for Flash

米アドビ、Flashコンテンツやアプリケーションのデベロッパー向けの検索エンジン最適化技術の解説サイト「SEO Technology Center for Flash」を刷新。


公開日時:2009年03月18日 18:45

米Adobeは2009年3月10日、ウェブ開発者やクリエイター向けに、Flashコンテンツを検索エンジンフレンドリーな設計にするための情報サイト「SEO Technology Center for Flash」を刷新した。

Flashコンテンツは映像や写真、音声を使ったインタラクティブなコンテンツ提供が行える一方で、検索エンジンのアクセシビリティに対応していないためにクロールやインデックスがされず、検索エンジンから見つけられにくいことが長い間、問題視されていた。AdobeやMacromedia(現Adobe)は2004年頃からGoogleやYahoo!など検索エンジンと協力してこの問題を解決するための方法を模索してきた。近年はFlashコンテンツの一部の文字列を取得可能になったものの、検索マーケティングの世界ではフルフラッシュのサイトなどは避けられる傾向が続く。

SEO Technology Center for Flashでは、Flashコンテンツを検索エンジンフレンドリーに開発するための実践的ステップや事例、ベストプラクティスを紹介している。

同社の見解では、現時点ではFlashコンテンツと同等のHTMLを別途用意することを推奨している。ページに組み込む時は、FlashファイルはJavaScriptでコールされることからDIVタグではなくNOSCRIPTを使うほうがよいとの見解も述べている。コンテンツをコントロールする時はExtensible Stylesheet Language (XSL)を利用することでメンテナンスとコンテンツの整合性の維持が行いやすくなるとのこと。

また、Flashコンテンツを多数利用する場合は、重要なトピックやセクションごとにSWFとHTMLを分割することを勧めている。分割する基準はサーチトラフィックの誘導においてビジネスゴール上必要なキーワードの単位で区切ることで、ページ(Flashコンテンツ)ごとのテーマが絞り込まれるために結果として検索エンジンのランキングが上昇しやすくなるという。あるいは、SWFファイルに変数(FlashVars)を与えて、同じSWFファイルを使いながらコンテンツごとに適切なランディングページURLを割り当てる方法もある。

その他、「検索エンジン対策時のゴールを明確にする(ランキングの改善、ビジネスに重要なクエリでトップ5にランクする、トラフィックを○%増加する、etc)」「検索経由の訪問者のユーザビリティに影響するからポップアップウインドウは避ける」「クローラビリティを高めるためにXMLサイトマップを作成する」「Flash Video ならビデオサイトマップを作成する」「無関係なコンテンツはrobots.txtでクロールさせない」

Search Engine Optimization Technology Center
http://www.adobe.com/devnet/seo/

cf.
米Macromedia、検索エンジン対応の Flash 開発を表明

Search optimization checklist for RIAs
http://www.adobe.com/devnet/seo/articles/checklist_ria.html

SWF searchability FAQ
http://www.adobe.com/devnet/flashplayer/articles/swf_searchability.html





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。