米MS、AdSenseやYPN対抗の「pubCenter」ベータ版をリリース

マイクロソフトがAdSenseやYPN対抗のプログラム「Microsoft pubCenter」パイロットテストを開始。掲載した広告のクリック数に応じて収入を得ることができる。


公開日時:2009年04月27日 19:38

米Microsoftは2009年4月22日、サイト運営者が広告掲載により収益を得られるプログラム「Microsoft pubCenter」ベータ版を公開した。

Microsoft pubCenterは米Yahoo!のYahoo! Publisher Network(YPN)や米Google AdSense対抗のコンテクスト広告ネットワーク。サイト運営者はpubCenterから配信されるテキストやイメージ広告を掲載し、その成果(クリック数など)に応じて収入を得ることができる。Microsoftから届いた案内メールによると、米国拠点で編集ガイドラインを満たしたコンテンツを持つサイトであればサインアップ可能。

Turn Your Traffic into Profit The Microsoft pubCenterBeta offers you the chance to include advertising from one of the leading online advertising networks on your web site. With the pubCenterBeta you can:

Place ads on your web site—realizing revenue potential with relevant ads targeted to your audience.
Customize ads to the look and feel of your web site.
Gain access to one of the largest advertising networks, delivering high-quality ads.
Monitor performance with a variety of tracking features.
[Microsoft pubCenter Beta Program]

MS pubCenter βプログラム 概要、条件について

pubCenterプログラム参加条件:今回はベータテストのため、申請したすべてのウェブサイトがpubCenterを試せるわけではない。今回はサイトの品質やコンテンツの豊富さ、トラフィック、ターゲットオーディエンスなどの基準をもとにパイロットテスト参加の可否を決定する。閲覧にログインを要求したり、画像中心のサイトは今回のプログラムには望まれない。

さらに、参加対象は米国在住のユーザに限られる。

競合のコンテクスト広告の扱い:MS pubCenterは他社のコンテクスト広告(検索やコンテンツ、行動に連動して掲載される広告)と共に掲載できる。ただし、他社の広告会社と排他契約をしている場合はその限りではない。なお、サイトの特定ページ群にのみ掲載することも可能。広告ユニット数の最低条件は設定していない。

広告掲載可能なサイト数:今回はパイロットテストのため、アカウントは1つに限られる。ただし、MSが承認した最大10のウェブプロパティ(サイト)に広告を掲載できる。

Microsoft pubCenter Beta Program
http://advertising.microsoft.com/publisher/overview
http://advertising.microsoft.com/publisher





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。