「66%の観光旅行者が検索エンジンを使って旅先を決めている」 - 米Ypartnership調査

米 Ypartnershipが毎年発行する旅行市場レポート「2009 National Leisure Travel MONITOR」による検索行動分析。旅行先の目的地選びは検索エンジンを利用するが、航空券や宿泊先はTravelocityなどのオンライン旅行サイトを訪問する使い分けの傾向が明らかに。


公開日時:2009年05月31日 23:55

米Ypartnershipは2009年5月28日、米国の観光旅行業界のマーケット動向をまとめた2009 National Leisure Travel MONITORを発行した。

2009 National Leisure Travel MONITORはYpartnershipとYankelovich Inc.が1590名の旅行者を対象に2009年2月から3月にかけて調査を実施した。

オンラインで予約する観光旅行者の割合は2000年の37%以上に増加。近年は利用者が検索エンジンの利用に慣れ親しんだことが影響し、旅行の予約やチケット購入などを提供するサイトの数が飛躍的に増加したという。インターネットを利用して旅行計画を立てているという観光旅行者の数は、2000年の35%からおよそ2倍の66%に増加。さらに56%はオンラインで予約手続きを済ませていると回答した。

また、旅行の目的地を検討する時に利用するサイトは、1位が「GoogleやYahoo!などの検索エンジン」(34%)で、次いで「特定の目的地や国のサイト」(23%)、「Expediaや Travelocityなどの旅行サイト」(22%)で、ブログを訪問すると回答したのは1%だった。

旅行先を決める時には検索エンジンにまず訪問すると回答した利用者が多い一方、宿泊施設や航空機を選ぶ時の検索行動は異なった。

航空券を探す時は、TravelocityやExpediaなどのオンライン旅行サイトを訪問するとの回答が42%、特定の航空会社のサイトを訪問するとの回答が41%とこの2つで80%超。航空券を比較検索できる旅行メタ検索を利用すると回答したのは13%だった。

宿泊施設を探す時は、航空券同様にTravelocityやExpediaへの訪問が31%。検索エンジンを利用する(26%)、特定のホテルチェーンのサイトを訪問する(21%)、特定ホテルを訪問する(10%)と続く。宿泊施設メタ検索は5%だった。

旅行先の計画や目的地を選ぶ時は検索エンジンに依存する一方で、航空券や宿泊施設の手配はオンライントラベルサイトを頼る傾向が調査で明らかとなった。

Ypartnership
http://www.ypartnership.com/

Visit First When Selecting a Destination
Search engine like Google, Yahoo, MSN 34%
Web site of national tourist office/CVB 23
Online travel agency like Expedia, Travelocity 22
Web site of hotel chain 8
Web site of individual hotel or resort 7
Web Blog 1

Visit First When Selecting an Airline
Web site of online travel agency like Expedia, Travelocity 42%
Web site of specific airline 41
Meta search engine that compares fares 13

Visit First When Selecting Hotel/Resort
Web site of online travel agency like Expedia, Travelocity 31%
Search engine like Google, Yahoo, MSN 26
Web site of specific hotel chain 21
Web site of individual hotel/resort 10
Meta search engine that compares rates 5





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。