Ask.jp、検索事業から撤退 - サービス終了を発表

米Ask.comの日本サイト・Ask.jpが検索サービス終了を発表。Yahoo! JAPAN、Googleとの競争に敗れ、日本市場から撤退。アスクドットジェーピーは法人向けサービスにフォーカス。


公開日時:2009年06月12日 16:40

株式会社アスクドットジェーピーは2009年6月25日をもって、検索サービス「Ask.jp」を終了すると発表した。

2005年2月に日本国内で検索サービスを開始。天気や乗り換え案内、音楽情報を即座に探せる一発検索機能を次々と追加したりディズニー公式サイトへ検索サービスを提供したほか、松下奈緒や忌野清志郎を起用したテレビCMなどのキャンペーンも功を奏し、2005年6月には月間100万人の利用者を獲得した。しかし検索シェアは伸び悩み、Yahoo! JAPAN やGoogleからユーザを奪うことはできなかった。

米Ask.comはウェブや動画、画像を横断的に検索できるAsk3Dやセマンティック技術の導入で検索性能を向上するための新技術が相次いで投入されるも、新たな開発資金投入が嫌われたのか、シェアが伸び悩む日本市場にそれらがローカライズされることはなく、最近は検索機能の相次ぐ停止や動画共有サイト閉鎖など事業縮小に向かっていた。今後、同社はメディア向け動画広告配信ソリューションやビデオパネルなど法人向けソリューションに特化するが、米IAC/InterActive Corpは事実上日本の検索市場から撤退。


日本で放映された、Ask.jpのTV CM。松下奈緒と忌野清志郎を起用した。


#
Ask3Dが日本語対応しないから、もう検索事業の再検討を行い始めたのかなーと思っていましたが・・・新たにネイバーが参入しようとする中、やはり撤退ですか。近年は検索結果が広告ばっかりで(SERP右上のタグクラウドっぽいのも広告だし)使い勝手が悪く、検索利用者を無視した改悪してましたし、致し方ない。

Yahoo! JAPAN やGoogleでそれなりに満足しているユーザに対して検索品質を訴えても、(Askの場合はインデックスのボリュームや鮮度で劣っていたこともありましたが)ユーザの心は動かないのでしょう。カバレッジやレリバンシーは大事、でもそれは訴求することではないし、ユーザは違いを理解できない。百度やネイバーには同じ轍を踏まぬよう、がんばってもらいたいものですね。


[UPDATE] 記事を更新しました (6/13)





記事カテゴリ:Ask.jp, Ask.com, サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。