米Google、次世代検索アーキテクチャ「Caffeine update」プレビュー公開

米Googleが新しい検索アーキテクチャを使ったウェブ検索「Caffeine update」のプレビューサイトを公開。


公開日時:2009年08月11日 13:44

米Googleは2009年8月10日、新たに開発した次世代検索アーキテクチャで構築されたウェブ検索(コードネーム「Caffeine update」(カフェイン・アップデート)プレビューサイトを公開した。アドレスは http://www2.sandbox.google.com/。なお、モバイルは非対応。

Googleは、優れた検索エンジンを構築するためには (1) ウェブの大部分をクロールすること、(2) インデックしたウェブページの評判や信頼を算出すること、(3) ユーザのクエリにあわせて最も関連性の高いウェブページをできるだけ早くランク付けして返すこと、の3つが必要だと説明。今回、これらをより高いレベルで達成するため、Google社内の大規模のチームが過去数ヶ月にわたり、Googleウェブ検索を支える次世代のアーキテクチャを開発するプロジェクトを進めてきた。このプロジェクトは、ウェブ検索のインデックスの規模やスピード、正確性、包括性などを強化するプロセスの最初の段階にあたる。

GoogleウェブスパムチームのMatt Cutts氏は自身のブログで、今回の大規模アップデート(Caffeine update)はUIの変更ではなく、検索インフラストラクチャの変更であり、ヘビーユーザですら検索結果(SERP)の差異に気がつかないような内容だと説明。ただし、ウェブ開発者やヘビーユーザなら新旧の検索結果の差異に気がつくかもしれないことことから、プレビューサイト「Caffeine update」を開設することにしたという。[関連: Matt Cutts、次世代検索技術Caffeineについてコメント]

「Caffeine update」のシステムの一部はまだ完成しておらず、Googleはユーザからのフィードバックを受け付けている。プレビューサイトの検索結果の下部にあるリンク"Dissatisfied? Help us improve"(フィードバックをお寄せください)をクリックして、送信フォームのテキストボックス内に"caffeine"の文字列を入れてほしいと呼びかけている。

Google Caffeine update でいくつかのキーワードで検索をして、現在のSERPと比較をしてみたが、確かに順位の入れ替わりやニュース、動画、画像の表示位置の違いこそあれ、表面上の差異はほとんど感じられなかった。

Googleは2005年末にも検索インフラストラクチャのアップデート(通称"Big Daddy update)を行っているが、今回のCaffeineはそれに相当する。


Google Caffeine update
http://www2.sandbox.google.com/





記事カテゴリ:Google 09, サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。