Google、世界中の情報を1ページに集約する"Place Pages"を公開

各々の店舗やランドマークについての情報を1ページに集約したPlace Pagesを公開。Google Mapsから利用可能。Googleは世界中のすべての地点についてPlace Pagesを作成したい考えだが、まだ多くの場所が未作成とのこと。ビジネスオーナーはローカルビジネスセンターから追加可能。


公開日時:2009年09月26日 17:40

米Googleは2009年9月25日、飲食店やランドマークなどに関連する世界中の情報を1ページに集約して表示する"Place Pages"の提供を開始した。米国版Google Mapsでリリースされているが、Googleマップ日本版でも利用可能だ。

Place Pagesは地域情報のある場所やビジネスに関する、あるいはそれに言及しているオンラインの情報を集約して1ページ上でまとめて表示するサービス。Googleの競合会社であるYahoo!やMicrosoft (Bing)、Ask.comはすでに同等機能を提供済みだが、ようやくGoogleも追随した。

たとえばGoogle Mapsで"Tartine Bakery"と検索して、検索結果のmore infoをクリックするとこのページのように、Tartine Bakeryの住所や営業時間、値段、料理の写真のほか、Tartine Bakeryについてレビューしている記事一覧やウェブページ、ブログが1ページ上に集約されて表示される。このページをそのまま印刷したり、メールで友人に知らせたり、ブログから直リンクを貼ることも可能だ。

日本版Googleマップでも(例)ラ・ベットラ・ダ・オチアイのようにPlace Pagesが用意されている。

もしGoogle Mapsに登録済みのビジネスオーナーで、Place Pagesに掲載される情報を追加・修正したい場合は、ローカルビジネスセンターから編集可能。

Place Pages for Google Maps: There are places we remember! [Google Content Central Blog]
http://contentcentral.blogspot.com/2009/09/place-pages-for-google-maps-there-are.html





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。