[WSJ] 米Google、音楽サービスをまもなく開始

グーグル、音楽サービスを開始するとWSJが報道。同社の主要事業である検索サービスを通じて、楽曲試聴・販売を行う。ワーナーミュージック、SME、Vivendiなど大手レコードレーベルが参加。


公開日時:2009年10月22日 03:23

米Wall Street Journalによると、Googleがまもなく音楽サービスの提供を開始する模様だ。

Googleは大手レコード会社 - Warner Music Group Corp., EMI Group Ltd., Sony Corp.'s Sony Music Entertainment、Vivendi SA's Universal Music Group からコンテンツを提供してもらうためのライセンスを取得しており、検索サービスを通じて販売を行う。

ユーザは目当ての楽曲を検索すると、検索結果の最上部、「ワンボックス」(One Box)と呼ばれる領域に楽曲の情報や試聴・購入のためのリンクが表示される。ユーザはlala.comあるいはiLike.comのリンクを経由してストリーム試聴をしたり、あるいは楽曲を購入することもできる。楽曲購入は、Apple iTunes、Amazon、など複数のオプションが用意される見通しだ。

Google to Offer Music [WSJ]
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704597704574487423504899680.html





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。