米Google、数週間内にソーシャル検索をリリース - Web 2.0 Summitにて発表

グーグルが新たな検索サービス「ソーシャル検索」を11月にもリリース。友人関係に基づいて検索結果がカスタマイズされ、たとえばレストランを探しているときに知人が書いた該当レストランのレビュー記事を探し出せるようになる。


公開日時:2009年10月23日 13:31

米Googleバイスプレジデント・Marissa Mayer氏は米国で10月21日に開催されたWeb 2.0 Summitにて、友人関係と紐付けた検索サービス「ソーシャル検索」(Social Search)を発表した。今後数週間以内に同社の試験的サービスを公開するGoogle Labsにて公開する。

ソーシャル検索は、ユーザの人間関係(ソーシャルグラフ)と関連付けた検索結果を表示するサービス。具体的には、友人が書いたブログ記事やレビュー、アップロードした写真などがGoogleウェブ検索結果(SERP)の最下部に表示されるようになる。たとえば、家電製品の購入を検討していてユーザレビューを探すときに、同商品を購入した友人のレビューを参照したりすることが可能となり、「検索結果の正確性と関連性の観点から素晴らしいこと」だとMarissa Mayerは述べている。

Googleソーシャル検索を利用するためには、Googleアカウントでサインインして検索する。友人関係はGmailのコンタクトリストのデータを使うとのことだ。ただし、Marissa Mayerは過去のインタビューでGmailのリストだけにこだわるつもりはないとの回答もしており、今後、FacebookやMySpace、LinkedInなど他のソーシャルネットワークからのデータインポートにも対応する可能性がある。

#
Google Profileリリースした頃からソーシャル検索をいずれ開始するだろうといわれていましたが、ちょっと時間がかかったなぁという印象。地元あるいは知り合いのページを探せるのは米Yahoo!がMyWebやローカル検索でやってます(ました)ね。ソーシャル検索はコミュニティの質によって検索結果の精度が左右されがちだという欠点もありますが、レビューなどの特定バーティカル領域であれば有効だと思います。





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。