Google Friend Connect、個別化したニュースレターや広告配信が可能に

グーグル、フレンドコネクトにパーソナライズしたサイト体験やコンテンツを提供できる新機能を追加。興味にあわせた(アドワーズ)広告配信も可能。


公開日時:2009年11月05日 12:56

米Googleは2009年11月4日、ウェブサイトをソーシャル化する「Google Friend Connect」(フレンドコネクト)に新機能を追加し、訪問者の趣味嗜好にあわせたコンテンツを配信できる機能を追加した。

Google Friend Connectはブログやサイトに訪問者同士が交流できるソーシャル機能を追加できるサービス。2009年7月には日本語を含む47ヶ国語に対応している。

今回追加したのは、訪問者にパーソナライズしたコンテンツや広告を配信する機能。サイト運営者は、Friend Connect内に新たに設置された"Interests"(興味)セクションにて、参加登録手続き時あるいは投票ガジェットにて訪問者に質問したい項目を作成。訪問者がこの質問に回答すると、その内容は同ユーザのFriend Connectプロフィールの公開プロフィール情報に追加されるほか、サイト運営者はその回答に基づいてパーソナライズしたサイト体験を提供できる。

たとえば、音楽サイトの運営者がFriend Connectにて「好きなバンドは?」という質問を設置する。訪問者が「A」と回答すると、サイト運営者はこの「A」という情報に基づいてコンテンツをパーソナライズできる。公式ブログでは、たとえば「訪問者の興味にあわせたニュースレターの作成と送信」「パーソナライズしたコンテンツガジェットの表示」「興味にターゲットした広告配信」などが可能になると説明している。

11月5日現在、Google Friend Connect日本版は本機能に対応していない。Interestsセクションは表示されるが、クリックしても404 Not Foundとなっている。

Google Friend Connect, now more personalized [Google Social Web Blog]
http://googlesocialweb.blogspot.com/2009/11/google-friend-connect-now-more.html






記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。