Googleウェブマスターツール、キーワードデータを毎日更新へ

グーグルウェブマスターツールで提供するキーワード情報が、毎日更新に。クローラが認識する自分のサイトの「重要なキーワード」を把握可能。


公開日時:2009年11月13日 14:28

米Googleは2009年11月11日、サイト管理者向けのツール「Googleウェブマスターツール」のキーワード機能を刷新し、情報更新が毎日行われるように変更された。

キーワードデータはウェブマスターツール内の「ウェブ上のサイト」→「キーワード」から参照可能。Googleクローラが登録サイトを巡回時に発見したキーワードを、重要度順にランクして表示する。また、キーワードをクリックすると当該文字列が出現するURLの一覧を表示する。キーワード一覧をダウンロードすることも可能だ。

本情報は、たとえばサイトをAjax化する、URLを静的化処理するなど技術フレームワークを刷新した時に、クローラにサイトのコンテンツが適切に認識されているか確認する際に活用できる。また、悪意のある第三者にウェブページがハッキングされ、無関係な言葉を大量に埋め込まれた際に、キーワードデータを参照して疑いのあるウェブページを特定するなどセキュリティ用途にも活用可能。

Post-Halloween Treat: New Keywords User Interface! [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2009/11/post-halloween-treat-new-keywords-user.html

キーワードデータ [Googleウェブマスターセントラル]
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35255&hl=ja





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。