アイレップ、YouTube向けのSEM支援サービス「YouTube SEM」を提供開始

アイレップ、YouTubeプロモート動画を活用した支援サービスを提供開始。あわせてVSEO(Video Search Engine Optimization)もサポート。


公開日時:2009年11月26日 08:48

株式会社アイレップは2009年11月25日、日本最大の動画共有サイト「YouTube」(ユーチューブ)をターゲットとした検索マーケティングを支援する「YouTube SEM」の提供を開始した。

「YouTube SEM」はGoogleが先月発表した「YouTubeプロモート動画」の管理運用を行うサービス。「YouTubeプロモート動画」とは、YouTube上に公開した動画をYouTubeサイト内やGoogleコンテンツネットワークを通じてプロモーションするための広告プログラムで、検索キーワードと連動する、あるいは関連するコンテンツに動画へのリンクを表示することができる。アイレップでは同プログラムを効果的に運用するためのキーワード設定やタイトル・説明文の作成、入札管理、レポーティングを提供する。

また、ランキングアルゴリズムに基づいて検索結果を表示するYouTubeサイト内の自然検索枠に、キーワードと関連する動画が掲載されやすくするための最適化支援(VSEO、Video Search Engine Optimization)も行う。YouTubeプロモート動画と組み合わせることで公開した動画に興味・関心を持ちうるユーザへの露出を最大化するようにサポートする。

アイレップではYouTube SEMを同社の動画検索マーケティング(Video Search Marketing)の1つと位置づけている。今後、Googleユニバーサル検索に代表される、複合的な検索結果枠内に掲載されやすくする最適化支援や、Fooooo、Woopieなど動画専門の検索エンジンへの最適化を行う支援サービスも展開していく計画。





記事カテゴリ:サーチニュース 09
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。