アイオイクス、「Multi-Store Site Manager」をソフトバンクBBを通じて流通開始

アイオイクスがSEO対策機能も実装した多店舗Webサイト運用管理システム「マルチストアサイトマネジャー」(MSSM)をソフトバンクBBを通じて提供開始。


公開日時:2005年06月14日 09:49

アイオイクス株式会社は2005年6月9日、多店舗Webサイト運用管理システム「Multi-Store Site Manager」(マルチ・ストア・サイト・マネージャー、以MSSM)をソフトバンクBB株式会社を通じて提供することを発表した。

MSSMは多店舗展開をしている企業やフランチャイズ本部が店舗別のウェブサイトを個別に構築し、運用管理するための多店舗サイト運用管理システム。店舗単位でウェブサイトを開設し、店舗スタッフが直接顧客へ情報発信が可能。SEO対策機能も実装しており、複数の検索エンジンに効率的に登録され、店舗サイトを設置するだけで検索エンジンからのアクセスを大幅に増やすことができる。

複数サイトや大型サイトを管理するシステムとして近年CMSが注目されているが、数百以上の店舗サイトを一括管理するような仕組みはこれまで存在しなかった。また簡単にホームページを作成・更新できる仕組みとしてブログが個人サイトを中心に流行しているが、企業サイトが多店舗サイト管理の目的で効率的に活用するには、機能的に足りない部分が多かった。MSSMを利用することで、数百・数千単位で多店舗展開をしている企業が簡単に店舗別サイトを構築・運用管理でき、かつ店舗サイト毎に地域の顧客を誘導し、新規顧客の開拓や既存顧客との関係構築を実現することがでいるとしている。

アイオイクス株式会社
http://www.ioix.com/





記事カテゴリ:ニュース 05Q2
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。